海上保安官

海上保安官になるには大卒でも高卒でも大丈夫!採用試験の概要を解説します。

海上保安官になるには?

海上保安官になるには、以下3つの試験のどれかに合格することが必要です。

  1. 海上保安官採用試験
  2. 海上保安学校学生採用試験
  3. 海上保安大学校学生採用試験

①海上保安官採用試験に合格する

海上保安官の幹部を養成するための試験です。学歴が大卒以上じゃないと受験できません。

試験に合格すると、海上保安大学校(初任科)で専門教育を受けたあと海上保安官幹部として業務に従事します。

②海上保安学校学生採用試験に合格する

高卒でも大卒でも受験できます。大学のようにいくつかの課程(学部)があります。

  1. 船舶運航システム課程
  2. 情報システム課程
  3. 管制課程
  4. 航空課程
  5. 海洋科学課程

試験に合格すると、1年~2年の研修、専門教育を受けたあと、それぞれの担当部署に配属され仕事を行います。

2022年度海上保安学校(特別)の実施結果(倍率) 今回は2022年5月15日に実施された、海上保安学校(特別)の実施結果を紹介します。 なお、海上保安学校(特別)って何?という方...

③海上保安大学校学生採用試験に合格する

20歳までを対象とした、海上保安官の幹部を養成する試験です。

試験に合格すると、海上保安大学校(本科)に入学し、4年間の研修・専門教育を受けたあと業務に従事します。

まずは、どの試験を受けて海上保安官になるのか決めましょう。